Kingdoms of Amalur: Reckoning – demo released

Kingdoms of Amalur: Reckoning の demo が Steam/Origin 経由で release された。

US だけで 1,500 万部以上売れていると言われる作家の R.A. Salvatore の書き下ろしの story に、Morrowind/Oblivion などで game designer として製作に携わった Ken Rolston が参加していたり、あるいは会社そのものが Curt Schilling という有名な MLB player が創設した会社だったりと話題に事欠かない title というところだろうか。

全部で1万年分の歴史を rough に作って、そこから細部を作りこんでいくと言う形でかなり作りこまれた game world を舞台とした open world 系の RPG と言うことで期待している人も多いのではないかと言うところ。

PC は「死んでいる」状態から始まると言うある意味画期的な opening だ。TES series だと、前歴不明な囚人という形で始まるけれど、こちらは死体となって運ばれるところからの開始だ。Well of Souls という、魂を復活させて再び体を形作る、という研究を行っていた Gnome の研究の始めての成功例として Kingdoms of Amalur の世界に生を受けることになる。

復活の過程での問題か、Player Character は記憶を失っている状態から始まってしまう。

この辺は PC の分身として game 世界で冒険を行うことになる PC が何者であるか、あるいはどんな来歴、思想を持っているかなどを詳細に設定しないための手法ではあるけれど、やっぱり死んだところから、と言うのはびっくりだ。

こうした Player Character が何者であるかを定義しない状態で開始する、というのはある意味 RPG のお約束ではあるけれどその辺適当にぼかしてあったり、いつも前歴不明の囚人として始まる TES series でも何故それ以前のことを覚えていないかは謎のままになっていたりするんだけど、Kingdoms of Amalur ではしっかりとその部分の理由付けもされている、というところだろうか。

死体の山から抜け出して、適当に落ちているものを拾って、なぜか襲撃されている Gnome の tower を Well of Souls の研究をしている Gnome に話を聞いて… そして襲撃者から逃れて外に出る、ところまでが基本的な tutorial でこの部分は当然だけど思いっきり liner な作りだ。

熊がやたら凶暴そうだったりするけれど、game の graphics は全体的に WoW 風味というか cartoon 的な味付けの graphics だ。

Open world ではあるけれど、地形によって player character の移動は制限される。この screen capture の場面だと左右は険しい崖になっていて必然的に設定されている街道を進むことしか出来ない。

PC は jump は特定の場所でしか出来ないので、険しい地形を無理やり jump で飛び越えるということも出来ない。

Jump が出来ない代わりに、WASD keys と SPACE key の組み合わせで攻撃回避のための dodge が出来たりと、戦闘は combo なんかも利用した結構 action 性の高いものとなっている。ただし、盾で防御できたりするけれど、防御を解除するとどこかにしまわれてしまう、という具合で real さを追求と言うよりはいかに軽快に戦闘を楽しませるか、という作りのほうが強い感じだ。

また難易度は demo で選べる normal だとそれほど高くは無いので、combo や dodge をそれほど意識しなくても click だけでそれなりに乗り切れてしまう。

地図はそれなりに demo の領域だけでもかなり広い感じがするけれど、あとは実際どの程度探索可能なんだろう、というのは少し気になるところだ。Open world と言っても TES series、あるいは Gothic III までの Gothic series や Risen なんかのように、行きたいところは全部行って見ることが出来るつくりではない。どちらかというと設定された街などの拠点とそれなりに広さのある field が複数用意されていて、それらを corridor で結ぶという Fable 的な感じの作りだ。

後は細かいところを見ていくと、武器や防具に耐久度が設定されていて修理したり、あるいは loot した item を分解して crafting 用の components として再利用したりとか、色々面白そうな要素は存在していると言う感じだ。

Writing もそれほど難しいわけではないけれど、それなりに読み応えがありそうで製品版にもそれなりに期待できそうな感じだ。

広告

Kingdoms of Amalur: Reckoning – demo released」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: Kingdoms of Amalur: First Impressions | blauen Himmels

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中