SanDisk: Sansa Clip+

最近 iPod nano の調子が不調なので portable MP3 player を探していた。iPod はどうにも、2年から3年くらいで色々調子が悪くなるけれど、修理するだけお金の無駄なので新しいものを、というところ。

Apple の iPod line up で言うと容量的には最低 nano なんだけれど、Sixth Generation のそれはなんと touch panel での操作、ということで考慮外。Gym や、あるいは running の最中に使う時に touch panel は非常に使いづらい。Album/Playlist を変えるとか、そうした操作の際にはもちろん立ち止まって screen を見ながら操作をするけれど、そうではない場合には playlist を選択して、あるいは shuffle play の場合には、Forward/Rewind、後はせいぜい Play/Pause の操作が主となり、いちいち screen を見ることはない。Screen に意識を集中するのは危ないので指で判別して操作できる physical button が無い機種は使いづらいとしか言いようがない。

そんなわけで、色々見て選んだのは SanDisk の Sansa Clip+ という機種。

選んだ理由は色々あるけれど、review などを見る限り sound quality は問題ないようだし、Equalizer はきちんとしたものが使われているけれど、そうした機能を off にした時にはそれなりに素直な音が出る、というところだろうか。後はとにかく安い。

RadioShack で 4GB model が $29.99 と iPod shuffle が 2GB で $49.00 というのと比較すると圧倒的に安い。それに shuffle には display は無いけれど、こちらは 4-line OLED screen が搭載されているのと、何より MicroSDHC に対応した card slot があるのが大きい。$30 程度の価格に、更に $10 – $15 も出せば 8GB の MicroSD card が買える。取り敢えず私は家に余っていた 32GB MicroSDHC card を format して使うことにしたので合計 36GB 程の容量の MP3 player ということになる。

Basics

Size は shuffle より少し大きいくらいだろうか。ちょっと厚みはあるけれど、全体的に compact で軽い。また背面は名前の通り clip となっていて、short sleeve shirt、あるいは pocket や bag の belt などに clip 出来るだろう。あるいはそのまま pocket に入れてもいいし、purse、bag などに放り込んでも良い。再生対応 format はAA、FLAC、MP3、Ogg Vorbis、WAV、WMA、Secure WMA とこれだけ対応していれば問題ないだろうというところ。何より FLAC 対応は良い。

PC との接続は mini USB cable で、充電も同じく。独自規格のものではなく standard なもので接続できる、というのは便利だ。PC と接続した場合に USB mass storage として扱えるので単に file copy すれば music files の転送は完了だ。Bloatware の代名詞とも言える iTunes が必要無いのは iPod products と比較した場合には大きな利点だろう。

Rhapsody!

PC との files のやり取りに専用 software は必要ないけれど、Sansa Clip+ の selling point の一つである Rhapsody の機能を使うには PC 版の Rhapsody が必要となる。これは music files の sync の為ではなくて、Rhapsody から subscription music を転送するためだ。

Rhapsody は music store も運営していて (旧 Real Music Store) そちらからは DRM free の songs/albums が買えるけれど、Rhapsody は有料の streaming service も行っている。そちらは last.fm や Pandora radio などとは違い、個別の artist/songs を検索してそれを play することが出来るという service だ。

そしてその service では、portable device 用に Rhapsody で検索した musics を download することが許されている。購入した場合との違いは、購入した場合は DRM free で file を保管している限り有効期限無く聴くことが出来るけれど、Rhapsody の streaming service から download した場合は期限付きの license 付きとなり、定期的に PC の Rhapsody と license sync をしないと expire して聴くことが出来なくなってしまう。もちろん、Rhapsody と sync する時に subscription が active で無いと license は更新されない。

取り敢えず今までは $9.99/month の subscriber だったんだけど、これだと mobile device は 1 device までしか activate 出来ないので、$14.99/month の subscription に upgrade。こちらだと、3 devices までの activation が可能となるので早速 Sansa Clip+ を PC と接続して Rhapsody から musics を転送してみた。

一旦転送してしまえば、他の購入した、あるいは CD から取り込んだ music files と全く同じに扱えて良いかもしれない。音楽は全て購入するのだ! という人にはあまり必要性がない service/feature だけど、色んな genres/artists の曲を聴いてみたい、という人には結構良い service だろう。

Audio performance

全ての effects を off にした状態で、Sansa Clip+ から 3.5mm stereo で e-mu 0404 に接続、それを RMAA でざっと眺めてみた。APU/DSP として ARM926EJ-S を使用しているので、基本的には portable audio player としては必要十分な性能はあるはず、と思いながら見ていたんだけど結果は非常に良好。

  • Frequency Response
    10Hz – 20KHz に渡って flat で、かつ非常に正確
  • Distortion
    殆どの場合 0.05% 以下。基本的に耳にすることはまず無いだろう。ただし、非常に小さい volume の場合に若干目立つかもしれない。

iPod nano と比較すると、どちらも優劣つけがたい、というところか。基本的に iPod (touch は除く) は機能の割に高すぎる値段、という欠点はあるものの audio player としては非常に flat な音を出す優秀な player だ。他社の device が妙な frequency boost をかけていたりするのに比較すると、とても Hi-Fi な、と言い換えることが出来るだろう。そして、Sansa Clip+ もほぼ同じ感じで非常に優秀な player だ。

Category が違うので直接の比較はあまり意味が無いけれど、HTC 製 handsets の様に歪んだ妙な boost をかけまくった音を出す player というのは比較的多いけれど (特に Desire HD は耳が腐るかと思うくらい酷かった…)、SanDisk は自分たちが何を作っているのかをきちんと理解していた、ということなのだろう。特に bass 部分での freq. boost が好みな、という人もいるけれど、それはまずあくまでも普通に effects を全て off にして出力した時に flat で正確な音を出すことが出来てからの話だろう。

Conclusion

Sansa Clip+ は安かったので、駄目なら駄目で良いかなという感じで買ったけれどこれは実際買って良かったと思う。価格的にも安く、MicroSD/SDHC card を使用できるのも非常に良い点だ。

見た目が i devices の用に fashionable では無い、とは言えるけれど、そもそも portable MP3 player は purse や bag の中、あるいは pocket の中に放り込んでおくものなので別にどうでもいいだろう。それよりも、安くて良好な音を再生する player を買って余ったお金で fashionable な衣服を買うほうがはるかにマシだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中