Motorola Charm (MB502)

Motorola / T-Mobile から、Android OS 2.1 with MotoBlur という handset として Motorola Charm が 7/7 に announce された。

Spec は CPU が TI OMAP 3410 (Coretex-A8 core / ARM v7 architecture) 600MHz、RAM 512MB、ROM 512MB と mid range としては従来のものより一世代新しい CPU を搭載している。Candy Bar style に full QWERTY keyboard 搭載という BlackBerry like な style、それに BACKFLIP にも搭載された背面 touch panel の backtrack も付いているということで、どんな操作性なのか気になるところ。

Backtrack は通常は Glide Mode と呼ばれる mode で、この mode の時は home screens を左右に slide して切り替えることが出来る。Glide Mode の時に backtrack を double tap すると、Glow Mode と呼ばれる mode に入り、その時は、画面上に円形の pointer が現れ現在の screen 上の objects を interact 出来るようになる。

CPU の周波数自体は、同じく T-Mobile から発売されている myTouch 3G Slide と同じ 600MHz となるけれど、Slide は ARM v6 architecture となるので、同一周波数の場合ならほぼ倍の演算速度と見てよいだろう。OMAP 3410 には GPU (PowerVR) は搭載されていないけれど、この場合 320×240 という low resolution な device となるので特に問題は無いと思う。

予想されている価格は、Back to School の sale 期間中は 2 年契約を前提として $0、2 年契約を結ばない場合は $270 とされている。手ごろな値段なので、browsing あるいは media player としての用途ではない、本来の Smartphone としての PIM, PDA としてならかなり良い感じではないかと思う。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中