The Settlers 7: Path to a Kingdom

The Settlers series の最新作となる、The Settlers 7 が release された。The Settlers 7 も基本的には RTS というカテゴリーに位置する事になるけれど、いつもの味付けというか、軍隊を維持するための経済基盤の構築、そして維持という点に重点が置かれている。

何らかの DRM (protection) があるだろう、とは予測していたけれど、The Settlers 7 では、Ubi Soft の account を作って、その account に login して game を起動するという online 認証方式となっている。これには色々意見もありそうだけど、個人的にはまぁしょうがないのかなというところ。ただ Ubi Soft の認証 system が何らかの理由で機能を停止してしまった場合には play 出来なくなる、という問題はあるけれど。

PC game にはつき物…というか、それなりに何かある defects/bugs に関しては今のところ、これといった問題には遭遇していない。Campaing を順次 play して、途中で pause して休憩したり、あるいはきりのいいところで Menu に戻って、player の城塞の customize とか、色々操作してみたけれど crash は一度も無かった。

昨夜は、私が tutorial を進めていくのを、xfire の live broadcast で配信しながら、知り合いがそれを見ながらという感じで play した。The Settlers 7  通常版は対応しているのだけれど、Steam で購入した Gold Edition は、executable file の file name が違ったりして認識されないので、Gold Edition で Xfire を使うには、ProgramData\xfire\xfire_games.ini に以下の通り記述を追加すればよい。

[6173]
LongName=The Settlers 7: Paths to a Kingdom
ShortName=sett7
LauncherDirKey=HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Valve\Steam\InstallPath
LauncherExe=steam.exe
DetectExe=SteamApps\*\the settlers 7 paths to a kingdom\Data\Base\_Dbg\Bin\Release\Settlers7R.exe
Launch=%UA_LAUNCHER_EXE_PATH% %UA_LAUNCHER_EXTRA_ARGS% %UA_LAUNCHER_NETWORK_ARGS%
InGameRenderer=D3D9
InGameFlags=USE_PRESENT|ENABLE_MOUSE|USE_DINPUT_MOUSE

6173 という 4桁の数字を検索すると、通常版の entry が見つかると思うので、その下にでも上記の記述を追加すればいいだろう。

後は Windowed で play するには Documents\Settlers7\Options.ini の FullScreen = 1 となっている部分を FullScreen = 0 と変更してやれば良い。

Demo 版の場合は Settlers7 ではなくて Settlers7demo とか、そんな名前のフォルダだったと思うけれど、同じように Options.ini を書き換えてやれば Windowed で play する事が可能だ。

demo には Video tutorial しか存在していないので、よく感覚をつかめないという人もいるかもしれない。製品版では、Campaign が tutorial から始まる事になるので、必要なことを順に追っていくことができるだろう。

Campaign 最初の mission では、基本的な部分から始まって、mission をクリアしていくごとに、徐々に軍隊の操作、あるいは technology research、そして trade など順に要素が増えていく感じで無理なく習得していくことが出来ると思う。

Campaign 最初の mission  になる、Mohnfelden で最初に学ぶことは、本当の基本的なことだけだ。まずは Camera 位置をどうやって動かすかについての簡単な説明があって、その後には Mountain Shelter という建物を建てて、石を切るための Quarry を attach する。

この建物を建てて、そこに work space と呼ばれる実際の施設を attach するというのが、今までとちょっと違うところだろうか。例えばこの Mountain Shelter なら、石を切る施設、あるいは金や鉄を掘る施設を attach する事が出来る。各建物毎に、他の施設や道路、あるいは障害物と重なって設置したりしない限りは 3 つまで attach する事が可能だ。

石の確保が終わると、居住の為の resident の作成、そして、木材の入手と麦を栽培してパンを焼くという一連の基本的な economy の setup を tutorial で行う事になる。食料の確保が出来れば、傭兵を雇用して最初の小競り合いを行う。

これが最初の mission の進行となる。実際、以後の mission でも、木材と石、そして食料は必須の物だ。このほかに tools、そして金貨が必要になってくるけれど、それらは順次 tutorial の中で紹介されていく事になる。

戦闘は、攻撃する場合は部隊を選んで、侵攻先の sector を選択するだけ。後は勝手に行軍して、勝手に戦闘を行ってくれる。この段階で player に出切る事と言えば、撤退を指示するくらいだ。戦闘に関して言えば、campaign が進行して行くにつれて射撃の為の兵科が雇用できるようになったりするけれど、基本的にはあっさりした感じだ。

軍隊をいつ、どれだけ進めるかという選択肢を得るために、経済基盤を構築する。Campaign の場合は mission によって多少違うとはいえ、その部分にかなりの時間を費やすことになるだろう。

まだ Campaign 全部は終わっては居ないけれど、Skirmish mode なんかもあるし、今までの series 同様長く楽しめそうな title だ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中