Barnes & Noble nook: Softroot

帰宅してから chat で知り合いと会話をしていて nook の話題に。日本に住んでいる知り合いで、nook は日本では買えないとか、ということだけど日本語が表示できるの? と聞かれるたので即答で no と答える。

基本的に western latin しか support していない事になっているけれど、Android device なので、Font をどうにかすれば表示できるのかも知れない、ということでちょっと try。

まず root privileges を手に入れないとどうにも出来ないので、nook Devs Wiki を見て softroot instruction page の通りに作業。Image を download する時間を除けばすぐに終わる作業だ。

後はAndroid SDK が必要だけれど、こちらは Nexus One の screenshot を撮るために既に install 済みなので、adb command を使って WiFi 経由で nook に接続。無事に接続が出来たので、softroot が成功したと判断してnookLauncher という application launcher を起動。softroot の image で既に install 済みの nookBrowser を menu に登録して起動する。

(ちなみに、nookBrowser は WiFi でしか動作しない。3G は恐らく通常の WAP とは違う設定がされていて、B&N 以外への request は多分すべて拒否されるだろう。)

作業をしている間に知り合いに日本語の epub 形式のファイルをと頼んでいたら、こちらのサイトの URL が送られてきたので、nookBrowser で試しに開いてみると何もしていないのに日本語が表示できたり…

PC で download して、nook に copy してみると…title まではきちんと日本語が表示されている。

もしかして特に何もせずにCJK も大丈夫なんだろうかと開いてみると文字化けして駄目だった、という不思議な結果に。

adb で connect して shell から /system/fonts の中を確認してみると、どうやら DroidSansFallback.ttf という font だけがサイズから見て CJK characters を含んでいるようだ。そして、System UI などの表示にはこれが使用されて nookBrowser や eBooks の一覧のところでは日本語が表示されるようだ。

ただし実際に本を読む時には、Amasis / Helvetica Neue / Light Classic という system fonts とは別の3種類の font から選ぶようになっていて、これらの font は size を見ても western latin 用の物となっているようだ。

/system/fonts を見ると、amasis に関してはいくつかそれらしい font があるけれど、他の2つについては一体どの font が使用されているか良く分からない。

ということで、adb 経由で amasis font を置き換えればもしかしたら日本語の表示も大丈夫なのかもしれないというところ。

取り合えず今のところは日本語で読書をする予定は無いのと、明日も仕事があるのでこの辺にしておく事に。今週末は President Day の holiday が月曜日に来て3連休になるので、その間にちょっと試してみようかなというところだ。

広告

Barnes & Noble nook: Softroot」への5件のフィードバック

  1. 私もnookを手に入れましたが、英語がさっぱりでsoftrootの方法がよくわかりません。
    できれば教えていただけないでしょうか。

    • koitiro-san,

      softrootの結果としてnookの本体保証が無効になる可能性があるので気をつけてください。
      基本的には2つの作業が必要となります。

      * 事前準備
      — 最低128MBの容量をもち Fat32 でフォーマットされている MicroSD Card を本体のバックカバーを外して取り付けておく必要があります。
      — nook が既に update 済みの場合、1.0 firmware image が必要です。signed_bravo_update.dat というファイル名で保存してください。
      1.2 softrooted firmware bravo_update.dat というファイル名で保存してください。
      — Barnes & Noble から購入したeBookは作業完了後に再度download出来ますが、それ以外の内部ストレージに存在するファイルは消去されるので、事前のバックアップを行ってください。
      — MicroSD cardの場合には、1.2 firmwareのimageを保存できるだけの空き容量があれば問題は無いはずですが、念のためbackupしてくことをおすすめします。
      — 作業中に電源が切れないように最低でも30%程度充電しておいてください。

      * 1.0 へダウングレード (既にupdateされている場合)
      — nook を USB で PC と接続して、内蔵ストレージ (ボリュームラベルがnookとなっているドライブ) に signed_bravo_update.dat をコピー。
      — コピーが完了したら、nookをPCからEjectしてPCとの接続を切り離してください。
      — Preparing Update という表示と進行状況を示す % 表示が出ます。その後 1.0 への書き換えが完了して再度起動するまで電源を切らないでください。

      * softrooted 1.2 firmware の導入
      — PC と USB 接続します。
      — bravo_update.dat を後から取り付けたMicro SDカードにコピーします。
      — PC から nook のドライブを Eject/unmount して、接続を切り離します。
      — nook の電源を切ります。
      — Page-Up ボタン、(左向きのページ切り替えのボタン) を押しつづけてください。
      — 電源ボタンを2ー3秒押してから離します。この間、Page-Upボタンはずっと押しつづけてください。
      — 電源が入った後に、”checking for update”という表示が出たら、Page-Upボタンを離し、後は自動でアップデートが行われ再起動するのを待ちます。
      — タイミングが合わないと通常どおり起動してしまうこともあるようなので、その場合はPage-Upボタンを押しつづけて電源を入れるという手順を再度行います。
      — 再起動後、再度電源を切って、もう一度再起動してください。

      これで、softroot は完了です。電源を入れて Color LCD の上にある n のボタンのところを押してhomeに戻る際に、Home か nookLauncher かの選択になるので、nookLauncher を選べば、application launcher を起動できます。Launcher configuration を選んで、必要なapplicationをメニューに追加してください。
      この hacked firmware では、nookBrowser、nookLibrary、nookWifiLocker、Trook、androidvncserver、busybox の6つのnook用に最適化された applications がインストールされます。

      shellが必要な場合には adb から WiFi 経由で nook の port 5555 に接続して adb shell を起動することになります。

  2. 大変親切な説明ありがとうございます
    やってみます。
    nookは、目が疲れなくていいですね、青空キンドルの縦書きPDFもきちんと表示できるみたいで、読書にどっぷりはまれそうです。

  3. eInk は目に優しくていいですよね。

    一度 eInk に慣れてしまうと LCD で長い文章を読むのが大変に感じます。
    日本語フォントを埋め込んだ PDF なら問題なく表示できると思います。青空キンドル、見慣れない言葉だったので検索してみたら、Public domain の物から PDF を作成してくれるのですね。

    日本語で読書をしたことは数えるほどしかないので、ちょっと試してみます。ありがとうございました。

  4. ピンバック: B&N nook: firmware 1.3 « blauen Himmels

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中