Google Nexus One: Battery life

Nexus One が我が家に来てから一週間。良く出来た gadget で、綺麗な画面と、それなりに快適に動作する spec とでなかなか良い感じ。

今朝は Sidekick を家において、Nexus One だけを持って会社に。USB cable は会社においてあるけれど、とりあえず普段どおりの使い方をしてどれくらい battery が減るんだろうと思ったので、家を出た後は USB cable を接続しないで使ってみた。

8:15 am に家を出るまで充電して、家を出る時には 100% charged の状態。家を出る前に WiFi と GPS を off にして車に。親しい友達には Google Voice number を知らせてあって、こっちにと伝えているので、office に着くあたりから SMS が入り始める。Coffee を飲みながら返信して、それから電源を切ってお仕事。後はお昼休みとか、午後ちょっと手が開いた時とかいつも Sidekick を使っているのと同じように SMS の送受信、それから通話、そして GMail を読んだり、後は CNN の mobile site を閲覧したりとかそんな使い方だ。

で 3:42 pm に low battery warning。帰宅まで持たなかったか…というところ。ちなみに warning が出るまでに送信した SMS は 37 messages、そして受信が 42 messages だ。通話は3回で合計 20 分ほどだろうか。もちろんその間も TouchDown は exchange と sync し続けているわけだし、他にも動いているプロセスはあったと思うけれど。

battery はすぐに切れるので長時間外出する人は注意した方が良い感じだ。GPS / WiFi を On にしたままだと余計短くなるだろうから、これらは使わない時は off にするのが良いだろう。後は Settings – About phone – Battery use と menu をたどっていくと、何がどれくらい battery を消費したのかが分かる仕組みになっている。それによれば、Display が 40% で、Phone idle と Cell standby で33%、そして Live Wallpapers に 8% となっている。Phone idel と Cell standby は cell phone としては省けない部分だと思うので、そうすると Display が一番の問題になるところか…なんとなくこれは予想がついていたので Display brightness は 30% に設定していたんだけど、それでもという感じだ。

ただ、実際問題として家にいる時は気にする必要は無いし、car charger kit も既に注文済みだ。追加の USB cable も今日買ったので、自宅、そして職場、あるいは車の中と基本的には battery を気にしながら使う場面は少ないだろう。

広告

Google Nexus One: Battery life」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: Motorola CLIQ: battery life, quick launch and so on « blauen Himmels

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中