Divinity II: Dragon Morphing

Broken Valley から Orobas Fjords へ入った辺りの山道で Goblin と戦闘してから断崖を飛び降りてそのまま Dragon へと変身している。

ここは走っていくと結構大変だ。Dragon になって一気に、というのも中々良い感じだ。あるいは Dragon に変身せずに、そのまま dive してもいいだろう。Divinity II ではどんなに高い場所から飛び降りても、怪我一つしない :p もっとも飛び降りた先が毒ガスに覆われていて… ということはあるけれど。

Gothic II、最近の Game だと Risen、そして Divinity II、これらの Game はとても良く vertical space が作りこまれているのが個人的には好きだ。平面ではなく立体的に作りこまれた世界はとても探索が楽しい。Boring flat world というか、申し訳程度に起伏がある世界は退屈で飽きるのが早い。

広告

Divinity II: Dragon Morphing」への2件のフィードバック

  1. kさん
    GothicIIの時は私のつたないコメントにていねいにお返事して頂いてありがとうございます。
    容赦なく切り替わっていく英文に(ギリギリ)挫折することなくGothicIIも後半戦、これからも英語版のGameを(七転八倒しつつも)楽しめそうだと日々わくわくしておりますw

    kさんの文章、簡にして要を射たとてもすてきな文章だと思います
    電子辞書抜きで、ゲームではなくGameをする為に日々精進の私にはとても助かる内容なんです。
    今回のDivinity IIの文も参考になりました。気になっていたGameだったので一連のGothicシリーズ、
    Risenを楽しんだあと、購入するつもりです。

    これからもGameはもちろん、やっぱ日本とどっかちがうなーと思わせる海外の日常をつづった楽しいお話をいろいろ聞かせてくださいね!

  2. tonka-san, ありがとうございます 🙂

    文章そのものは、時々自分でもやや冗長に感じることがあったりします。普段使っていない言葉で記述するというのは中々難しい、というところでしょうか。

    なるほど、Caption が流れるように切り替わっていくのも場合によっては考え物なのですね。この辺は Option があるといいのかなというところ。Divinity II は Dialog は結構短い区切りで Pause がかかってしまうので、個人的にはちょっと不満というか…

    Divinity II は北米では CDV からの Release となるそうなので、来年1月の Release 以後は Sacred 2 と同じく Steam などの Download 販売でも買えるようになると思います。多分ドル建てで買うほうが安いのではないでしょうか。

    Divinity II の Game 自体の感覚は、Gothic や、あるいは Oblivion なんかとも違い、結構 Speedy で Action に重点が置かれた感じになります。強いて言えばこれら2つの Title よりは、The Two Worlds に近い感覚でしょうか。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中