TASCAM M-164UF cont’d

Windows 7 Ultimate (64bit) EditionにDriverをInstallするところまではCompatibility Optionを使ってどうにかなったけれど、やはりM-164UFを接続していると物凄くUnsatable。音が途切れるとか、遅延するとかそういうUnstableさならまだしも、Sound Deviceを使用するApplicationが起動できなかったり、直ぐにCrashしたりとかなりどうしようもない。

というわけで、昨日TascamのCustomer Supportに聞いてみたところ、Windows 7でのCompatibility testをしているところで、Driver等の更新はまだ先になるだろうというお返事だ。どれくらい先なのか、soonなのか、farなのかと聞いてみても、はっきりとした約束は出来ないけれど、それほど遠い先の話ではない、という話なので年内くらいには何とかなるのかな?と期待しておこう。ちなみにWindows 7の32bit版であれば問題なく動作するはずだとも言われたけれど、32bit版を別途Installする気も無いし新しいDriverを待つしかないという感じだ。

というわけで、現状Windows 7 64bitでUSB Audio Interfaceとしても使いたいという場合には明らかに落第というか、使い物にならない。もっともUSB Audioとしても使えれば良いけど、Mixerとしての用途が主という場合には結構良いと思う。

ちなみにmixerの脇に置いているCompact Laptop (HP dv5000/Windows XP 32bit)にDriverをInstallして、M-164UFを接続してみたところ、当たり前だけどきちんと動作するし、音もそれほど悪くない。

USB接続した場合はUSB経由で出てくる音は、11-12 ChにUSB ReturnがAssignされて、そこからAUX 1/Main Stereo/Sub Stereoに出力する事が出来る。この11-12 ChにはEQなど他のControlは存在していない。PCへの入力はASIO Driver経由でCh1 – Ch10まではそのまま各ChannelがDirectに、残りの6 Channelに関しては、AUX 1、AUX 2、Sub L/R、Main L/RがAssignされる。

Ch1 – Ch10まではDirectにといってもAnalog Mixerなので、Inputされた音はHPF、EQそしてFaderを通ってからPCに出力されることになる。

USB Audio Interfaceとしての機能は、これを見る限りは結構十分というか。ただPCのDTM Softから使うUSB Audio Interfaceとして使う場合、Outは2 Chしかないので、そうした使い方が主となる場合には別の製品を買ったほうが良いと思う。M-164UFはあくまでもAnalog Mixerであって、USB Audio Interfaceはおまけ的な要素といって間違いないだろう。

Analog MixerとしてのM-164UFにはそれなりに満足している。まずCh 1 – Ch 6までは、XLR/Phoneで入力できて、Hi-Pass Filter、そしてHi/Mid/LowのEQ(それぞれ12KHz, 2.5KHz, 100Hzを中心としている。)が付いていて結構便利。

Faderはちょっと作りがCheapな感じもするし、長さは50mmしかないのがちょっと残念かも。ただ16 inで$500前後という値段そのものがかなりお得と感じられるので、faderのcheapさはあまり気にしてはいけないものかもしれない。Faderを除けば全体のつくりは結構しっかりしている。最上段にあるInput level monitorも結構便利だ。

HeadphoneでのMonitorはSwitchの切り替えで、Main、Sub、AUX 1あるいはMain + SubとMonitor出来る。外部のEffectorに出す音を確かめたいとか、Subにまとめた音だけをMonitorしつつ音量を調節とか、そういう場合もあるわけでこれはかなり便利。

Mixerから出る音そのものは中々良いんじゃないかと思う。Analog Mixerから出る音としてはSoundcraftのCompact 10の音が一番個人的にはお気に入りというか、良いんじゃないかと思っているけれど、それと比較するほどの音ではないけれど決して悪くは無いという感想だ。少なくとも今まで家で使っていたEdirol M-100FXよりはこちらの方が良いと感じる。

Analog Mixerを買いたい、という場合、多分M-164 Seriesは価格と性能のBalanceを考えればかなりお得ということが出来る。M-164FXなら$300 – $350程度の価格帯なので、USB Interfaceが無くても良い人にはかなりお得な値段だ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中