Risen: IGN preview

IGNにRisenのPreviewが来ていた。

IGNは時々Major Publisherから発売されるGameと、そうでないGameとのScoreの偏りが気になる時があるけれど(それほど大きくは無いけれど)、英語圏のSiteの中では比較的ProfessionalなWriter/EditorによるReviewが掲載されるので読んでいて結構面白い。

Before describing some of the different avenues of play, I think it’s worth noting just how much more user-friendly this game is compared to the studio’s previous work. For one thing, you actually get a quest map in this game that marks precisely where your quest giver is and where you’re supposed to go, making it much easier to keep track of things once you’ve taken on a significant amount of responsibility. While I can understand how some of the hardcore RPG gamers who despise direction might not like this kind of thing, you don’t have to click over to the quest map if you don’t want to.

RisenのQuest Log画面で、限定的ながらもQuest Giver、Quest Destinationが地図に表示される点を、”PBの過去の作品に比べればかなりuser-friendly” だと評している点は、一種皮肉めいたものもあるけれど確かに事実だ。それでも、最近の多くの作品に比較すれば “user-unfriendly” だろう。

Risen Screenshot
See More Risen Screenshot at IGN.com

最初の海岸でのSceneを何度かPlayしてからMonasteryへ向かったようだ。Big Titleだと、通常PublisherからMedia用のReview Kitが届いて、発売日にはReviewを掲載できるように場合によっては数人のWritor/Editorが動員されるけれど、RisenのようなあまりMajorではないTitleの場合はそういうことは無い。

ただそれでも、ProfessionalなWritor/Editorの書くReviewはFactual Errorも殆ど存在しないし、Gameのそれぞれの要素について良くまとめているので、Scoreそのものよりもそういう部分でかなり参考になる。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中