Oblivion: Unnecessary Violence walkthrough

Unnecessary ViolenceをInstallしてみてから1ヶ月ほど過ぎたところ。毎日Playしているわけではないけれど、大体殆どのFeaturesは使ってみて動くもの動かないものが把握できたところか。

Oblivion 2009-09-07 10-51-29-21

次のUpdateでは壁やら崖やらを登れたり…するようにしたいらしいけれど、Authorの人が忙しかったりで、予定よりは遅れているようだ。

FFP (Fake First Person) Modeも何度か試してみたけれど、結構不安定なのでFFPはDisableにしたほうが良いだろう。FFPをDisableにするには:

;Enable FFP Mode (boolean)
;This setting give you the opportunity to completely disable FFP Mode. With this set to 0
;you will enter third person mode on pressing the UV Attack button
set ptDWVAriables.enableFFP to 0

set ptDWVAriables.enableFFP to 0

set ptDWVariables.enableFFPCrosshair to 0

この2箇所を 0 (Disable)にSetする。FFP Modeを使わなければPluggy HUDは必要ないのと、Compatibility Meshesも必要が無いので本体だけのInstallでOK。

後は、武器の持ち手を変えると武器の耐久力が元の値を数倍したものにSetされるのでDamageが異常な値になってしまう。

次に問題が多いのは、Shiled On Backの機能か。これは装備を収めたときにShield、あるいはOff-HandのWeaponsを背中に装備させる機能なんだけど、これをOnにしていると、Main-HandのWeaponを装備するとOff-handがUnequipされたりとか、中々扱いが難しいというか思ったとおりの挙動をしてくれない。常時出しっぱなしでOKなら、それなりに動作するんだけど。

ただ、MainにOnehand Weapon、OffにShieldというごく普通の装備でPlayしていても、これがOnになっているとMainを装備するとShieldの装備が外れてしまうとかいう今ひとつわけのわからない状態になるので、これは素直にDisableするのがいいかもしれない。

set ptDWVariables.shieldonback to 0

上のLineを 0 (Disable)にすることで、これも無効化可能。

Dual Wielding用に設定できるのはScriptが付与されていない物となるので通常のVanilla Weaponsなんかはほぼ大丈夫。Tutorial Dungeonの中の武器は、何を装備したか監視してTutorialのPop-Upを出したりするので、全てScript付きなので一切使えないと考えたほうが良いだろう。Unnecessary Violenceを入れるとScriptを外すSpellが追加されるけれど、当然ながらScriptを外しちゃったら、Scriptで実現している機能、あるいはQuest関連ならQuestが進行しなくなるなども考えられるので、その武器にどんなScriptがBindされているかについて確信が無いならば使わないほうがいいと思う。

Dual Wielding用に武器を持ち替えなければ、UV Attack KeyでShieldまたは素手での攻撃になる。後は特殊な状況としてSleepしているNPCに対してSneakした状態からUV Attack Keyで攻撃すれば対象は即死する。

Throwingは、手間の割にはあまりダメージを与えられないのと、ThrowingではEnchantが発動しないのもあって戦闘時にはあまり使っていない。ただし、Put it in its Place – Enhanced Grabbingと、Unnecessary Violence用のNoise Maker Patch(PiiiPのOptionで別にDownload)を使用すると、物を投げてそのNoiseでNPCsの注意をひきつけられるようになるのでこれが中々良い感じだ。

投げるのは、Dungeonなどに行くと大体Hostile NPCsの持っていることの多い矢を使うのがいいんじゃないかなというところ。

後はStavesを使っての白兵戦もそれなりに楽しい。Blunt Weapons扱いだけど、Enchantを発動させることが出来るのでSkillが低くてもそれなりに強力な場合もある。

後はKick、BlockしながらUV Attack Keyを押すことでKickが発動する。BlockしつつUV Attack KeyをHoldすれば、Hand-to-Hand CombatのSkillに応じたPower Attackも発動するだろう。このKickは与えるDamageそのものよりも相手をRecoilさせたり、よろめかせたりするのに良く使う。相手がBluntのPower Attackを連発してくるようだと、BlockしてもRecoilで体勢が崩れっぱなしということもあるけれど、なんとかKickを挟むと相手をひるませることが出来るので、そこで立て直すことが出来るだろう。

後はPotionを投げてというのは試してみたけれどAlchemyはあまりやらないので、Skillが低いからか特に何がどうなったかいまいちよくわからなかった。

他にはSoul Gemsを投げるという機能もあるんだけど、これは機能を有効にしているとSoul GemにSoulをTrapしたときに、TrapしたCreature Typeも保存されて、それを投げつけると囚われたSoulを開放しちゃうという機能だ。投げるとGhostlyなCreatureが出てきて、相手を選ばず(自分も対象になる)近いMOBへの攻撃を開始する。というわけで空のSoul Gemを投げつけると当然ながら何も起こらずに、投げたSoul Gemが壊れるだけという事になる。

Black Soul GemにBanditとかをTrapしてからそれを投げると、ReleaseされたSpiritは何もItemを持たないのでNudeなGhostが出現してくる。このReleaseされたSpiritは、PCのConjuration Skillが高ければPCを攻撃対象にすることは無くなるようだ。大勢に襲われて注意をひきつけたいときには結構有効かもしれないけれど、Ghostなわけで自分をTargetにされると結構厄介。(Normal Weaponは他のGhostなんかと同じで効果が無い)

ただAzure Starを投げると、それっきりになってしまうので注意が必要。ということもあって、私自身は普段のPlayではこれをDisableにしている。Disableにするには:

set ptDWVariables.NoSoulGemEffects to 1

このLineを 1 (No Soul Gem を Enable)にすれば良い。Azura Starの問題もあるけれど、これを有効化するとSoul GemsのEffectをAlterすることになるので他にSoul GemをAlterするMODがもしあれば、Conflictが発生することになるだろう。

INIファイルの中の説明、および最初に出てくるKey設定のためのDialog共に、わかり易い文章なので、これは特に悩むことも無いだろう。なんにせよUpdateが待ち遠しいところである。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中