Oblivion: Customisable HUD Components

Tesnexusを眺めていたら、Customisable HUD ComponentsというMODを発見。6つのProgress BarをINI Fileで設定することで好きな位置に配置できるというMOD。

oblivion-20090815-010332_s

Oblivion XPは、4.1.5になって機能的には特に不満は無いんだけど、XP Barが他のElementと比較して巨大なのがちょっと気に入らないというか。

ということで、XML Fileを編集してOblivion XPのXP Barを無効化して、その上でCustomisable HUD ComponentsのINI Fileを編集。

INI File内のCommentがそのまま説明になっているので、それを読みながら編集。evaluateStringにはOblivion XPの現在のXPが入るわけなので、該当するQuest変数の”ObXPMain.CurrentXP”を設定することになる。

同じくmaxValueには、次のLevelに必要なXPである”ObXPMain.NeededXP”を指定。後はHUD1いがいは非表示にして、HUD1の位置を調節していく。これは大体大まかな位置を指定して、実際に起動して確かめながら微調整というところ。

HuD_XPBar

最終的に、こんな感じの位置に落ち着いて良いかなというところだ。

とりあえず、他のHUDにもReal Hungerやら、Real ThirstのStatusを表示させてみようかなというところ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中