Whistle-blower in Health Care Industory

CNN0814

一つ前のEntryをお昼休みに書いて、仕事を終えて家でCNNをつけると、Cignaの元役員だった人がInterviewを受けているところだった。

Town Meetingなどでの、扇動的な、感情的な恐怖をあおる言動を用いて議事の進行を妨害する人たちはIndustoryに雇われていると明言していた。どういう言葉を用いるかも業界団体で考えたものだとか。

大体CNN.comには、番組内容と関連したArticleがあるはずなので見に行くと、”Whistle-blower: Health care industry engaging in PR tactics“というArticleがあった。

Patient Purge、と呼ばれる手法。存在しているとは言われたけれど、どこの会社も当たり前ながら認めない手法も肯定していてびっくりだ。

Patient Purgeというのは、ある会社のGroup Insuranceの加入者が長期的な治療を必要とする疾病とかにかかった場合に、次の年のRateを通常支払えない程度まで引き上げて事実上契約を打ち切るしか選択肢がない状況に、その該当の人物と、その人と同じ職場の従業員を追い込むというものだ。

それなりの規模の企業だと、下手な理由をつけると弁護士の介入を招くので、単にRateをおもいっきり上げて契約お断りという意思表示をするのだろう。要するに、病気に備えて保険契約を結んだはずなのに、いざ病気になると支払いを拒否され、契約そのものも拒否されるという変な状況に陥ることになる。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中