Fallout 3: DarNified UI F3 Alpha 3

fallout3ss_218_s

DarNified UI FO3がAlpha 3に。Dialog/Barter/Containerの各Menuに手が入っている。HUDの縮小表示は既にTechnicalには出来ているとの事で、そう遠くないうちにその分も含めたAlphaがReleaseされるだろう。

今日現在でも、以前紹介したF3ArcInvだけが、きちんと動作するArchiveInvalidation.txtを作成できる。ただし、FOMMなんかが、『必要のあるもの』だけをInvalidate Listに載せようとして足りなくなっているのと違い、とにかく存在するものを全てListに載せていくという形式なので、DarNified UI FO3のAlpha 3を入れて、F3ArcInvを実行すると起動時にCTDするように。

これは、F3ArcInvが、Dataフォルダ以下に存在すればそれを全てInvalidationの対象として扱っていることにより、起因する問題だ。Alpha 3で、Originalに存在しないファイルも含まれるようになったので、それらをInvalidateしようとしてEngineがCTDを起こす。

INIファイルのFontの設定だけ書き換えておけば、DarNified UI FO3を適用するためにArchiveInvalidationは必要ないので、実行しない、または他のTexture Replaceなどを導入して実行した場合には、不要なエントリをListから削除すればOK。

Alpha 3の場合、以下の3つのファイルが、Originalには存在していないので、この記述をArchiveInvalidation.txtから削除すればCTDは起きないだろう。

menus/prefabs/darn/card_info_barter.xml
menus/prefabs/darn/item_stats_display_barter.xml
menus/prefabs/darn/text_box.xml

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中