Fallout 3: Gore Tweaks

FALLOUT.INIでGoreをDisableすると、Dismemberment、Explodingどちらも無効になるけれど、出血もなくなるのが若干欠点。あんまり血が大量に飛び散るのはあれだけど、多少は…というところ。

Fallout 3 Nexusを見ていたら、Gore TweaksというMODを発見。ESPの組み合わせでDismemberment、Explodingの度合いを選べるというMODだ。標準より少なく、あるいは無しにすることも出来るし(この場合でも出血はある)。あるいは、より煩雑に、あるいは常に…と選べるところが良い感じか。

この辺はもう個人の好みというしかないわけで。

で、ESPの中を見ると、実はこの辺の設定もGameSettingsに存在していて、それを変更しているだけだった。

fo3_nogore

GMST Subrecordsの中に4つの設定があって、それぞれに確立を設定することができる。

  • iCombatDismemberPartChance (Dismeberment = 部位欠損の確立 Default 50%)
  • iCombatExplodePartChance (Exploding = 部位爆発の確立 Default 75%)
  • iMessTorsoExplodeChance (Torso Exploding = 胴体爆発の確立 Default 10%)
  • iMessIntactLimbDismemberChance (Limb Dismemberment = 四肢欠損の確立 Default 15%)

下の二つ、iMess…で開始されるGameSettingsはBloody Mess Perkの設定なので、この確立を0にすればBloody Messで追加されるGore表現を無効にしてDamage追加だけのPerkにすることも可能だ。MODのArchiveをExtractすると、全部で18個のESPが入っていて、どういう組み合わせで使うことが出来るかは付属のReadmeにわかりやすく解説してある。

とりあえず、私個人としてはNo_Goreを選択。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中