Fallout 3: Modding

Questを追いかけて寝不足…ついでに言うとエンディングを見て愕然としたり。エンディング自体にはそれなりにVariationはあるようなので、とりあえず次に期待。というか次はSide Questなり、あるいはExploringなりを頑張ってMainは適当なところで放置してもいいかもしれないという感じだ。

ということで、次を始める前にRe-Balancingに挑戦。VanillaのBalanceはそれなりに良く出来ていると思うけれど、探索可能な場所を殆ど残したままでLevel Capである20 Levelに到達してしまう感じだ。Level Capそのものに不満がある人もいるようだけど、個人的にはこんなものでいいんじゃないかなと思う。そこそこのところでの制限というのが一番いいだろう。制限された範囲内でいかに最適解を見つけるかという部分があるから、Character Developmentもそれなりに頭をひねって色々試せるし。これがCapが増大して最終的に万能になるというのであれば、Character Developmentの楽しみは失われてしまうだろう。

とりあえず、単純なところからRe-BalancingにTryしてみることに。

今のところConstruction Setが無いので、Quest Lineを作成したりScriptを書き起こしたり、ということは出来ないけれど、ESPのFile Structure自体は判明しているので、それに則ったHeaderを書いて、そしてGame Settingsを変更するRecordを追加していけばOKだ。FOMMの機能のTESsnipを使用すれば、より簡単だろう。

fo3_launcherMODsを使用するのも特に何か特別な設定が必要なわけではなく、単に<Fallout 3>\data フォルダにESPファイルをコピーしてLauncherのData FilesでCheckしてやればOK。TextureなどのReplacerを使用する場合には、FALLOUT.INIの[Archive]セクションにある、bInvalidateOlderFiles=0というLineをbInvalidateOlderFiles=1と変更してやれば良い。

これらの基本的なMODsを使用するにあたっては、Retail Box版も、Steam/D2Dも全て同じ。EXEを書き換える行儀のよくないMODを使用する場合には(Sourceが完全に公開されていて、それを自分で読んで安全であると判断できない限り、使わないほうがよいだろう)Binaryが完全に同一である必要があるので、この場合は差異が生じるだろう。また、FOSEのようにProcessをHookしてMemoryを書き換える場合には、Binaryが暗号化されていないことが条件となるので、D2Dでは利用できない。

ff3_devmachine_ss_0

まずは、Slow Levelingということで、Game SettingsのiXPBumpBaseをDefaultの150から300に変更してみる。Screenshotの右上を見ると分かるとおり、次のLevel 3に到達するのに必要なXPが700と表示されている。Originalの場合にはここは550となる。

Level upに必要なXPは、

(n-1)*((n-2)/2*iXPBumpBase+200) となるので、Originalの場合には、

(3-1)*((3-2)/2*150+200) -> 2 * (0.5 * 150 +200) となり、550

iXPBumpBaseを300に変更した場合には、

(3-1)*((3-2)/2*300+200) -> 2* (0.5 * 300 +200) で700となる。

ff3_devmachine_ss_1

次にCarry Weightsを変更。Carry Weightsの計算式は、

fAVDCarryWeightsBase + (fAVDCarryWeightMult * Strength)

VanillaではfAVDCarryWeightsBaseに150、fAVDCarryWeightMultに10が設定されているので、150 + (10* Strength)となり、Strengthに応じて160から250の値をとる。これをBaseを200、Multを15にそれぞれ変更してやると、215から350の値をとるようになるだろう。(上のScreenshotの例ではStrength 3なので、200 + (15 * 3)で245となっている。Vanillaの場合180だ。)

他にはV.A.T.S.使用時には、敵の攻撃のDamageが10%しか適用されないのを引き上げてみたり(fVATSPlayerDamageMult – Default 0.1)、移動速度(fMoveBaseSpeed – Default 77)を微妙に増やしてみたり。あるいは、各種行動(Lockpick, Hacking, Oponent/NPC/Creature Kill, Discover Map Maker, Speech Challenge)などから受け取るXP Rewardの値を調整することももちろん可能だ。

Game Settingsの変更だけでも、かなりの部分でのRe-Balancingが可能なので、Vanillaは堪能したという場合には自分で好みの設定を探してみるのも良いんじゃないかと思う。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中