Exproling wasteland

週末はあちこち探索してみたけれど、中々目的地に着くのが大変というか…。地下を通らないといけない場所が多いというのはちょっと不満。この瓦礫を超えれば、と思っても透明な壁にさえぎられている感じの場所がいくつかある。恐らくPath Gridが設定されていないんだろう。ここを一歩向こうに踏み出せれば…というところで、その先に行けないのはとってもフラストレーションがたまる。Megaton周辺、河の西側に関して言えば比較的Openだけど、Downtown Areaに関して言えば、一見繋がっているように見えるけど行けないということで、Stalker: SoCのような作りになっている感じ。

後はLockpickとScienseが中々重要かもしれない。場所によってはSkill 100が無いと開けられないドアとかも存在していたり。もっとも、他の経路が存在するか、あるいはその奥自体がOptionalだったりするので、Questを進めるだけならこうした場所は無視してもOKだろう。

個人的にはいつか何とかして…というところ。

National Archiveから始まるQuestで一時的にNPCとPartyを組んだけれど、それなりに賢かった。Sneak Modeに入れば一緒にSneakしてくれる。

Animal FriendのPerkを取った後は、NPCは持っていないだろうと思うけれど、それでもParty Member全員に効果を及ぼすようだ。Oblivionでは一時的に仲間になるNPCはいたけれど、AIの振る舞いは酷いとしか言いようが無かったので、この辺はかなり手を入れたようだ。もっともOblivionの場合は基本的にSoloで、というGameなので、あのAIの振る舞いでも我慢は出来たけれど。

Rivet Cityとやらに行くために、DC Downtownから地下をたどって頑張ってみたけれど到着するまでにかなりの時間がかかってしまった。なんというか地下のつながりはかなり複雑怪奇だ…最後は結局DC Downtown Areaから行くのは諦めて、Supre-Duper Martからポトマック川沿いを南下するルートを通った。

Gore表現自体はちょっと厳しいかなというところだ。V.A.T.S.で狙いを定めた後に、Criticalが発生したときには、ちょっと目をそらして、Lootするときもあまりまじまじと死体を見ないようにして何とかというところ。Gore Filterが無いのは非常に残念という感じ。

Gore表現が無くてもGameとしては面白いと思うので、こういう部分でFallout 2のようにある程度抑制できるOptionをつけてくれなかったのは不満。後はAssult RifleとかSMPとかの連射系の武器を使用すると、弾はあっという間に足りなくなるので、最近はもっぱら10mm PistolやLaser Pistol/Laser Rifleを使っている。Energy WeaponsだとCriticalのときに飛び散らずに灰になってくれることが多いのも良い感じかも。

Laser用のEnergy Cellは意外と手に入りやすい感じだ。Robotを破壊すると持っていることも多いし、Shopでもそれなりの数を買うことが出来る。

序盤はCapsが無くてあまり物を買えなかったけれど、Repair Skillを上げて修理してから売り払うとか、Loot品を持って小まめにFast Travelでなるべく取りこぼしの無いようにすれば、そこそこたまる感じ。武器とか、自分が使っているArmorの修理の際に使えるものは、自宅のロッカーに保管して帰宅したときに修理しているけれど、それでもあまりCapsには不自由しない。

後はなるべく早く自宅用の医療キットを買うのがいいかもしれない。治療費を節約できるのは意外と大きいと思う。

弾薬に重さが無いので、ほかは取りこぼしても弾薬だけは確実にLootして、弾のたまり具合を見て10mm PistolやLaser Pistolを使い分ければそれほど弾薬には困らないんじゃないかなというところ。後は地下から出て複数の敵に襲われたときには、Assult Rifle系の武器で5.56mmをばら撒くか、手榴弾を、という感じでプレイしている。

後は中々タイミングが難しいけれど、V.A.T.S.で手榴弾を迎撃できるのにはちょっとびっくり。後はSuper Mutantなんかが手榴弾を構えたときにV.A.T.S.で手榴弾を狙って自爆させるというのも一回だけ成功した。

Questそのものはそれなりに楽しいというところ、Dialogueなんかは常識的な選択肢を選んでいくと、Karmaがかなり上昇して、街中なんかで見知らぬ人に呼び止められて何がしか物を貰うこともある。Voiceは…Voice Actorsはそれなりにいい感じではあるんだけど、Oblivionと同じでちょっと眠くなるのが欠点だ。

誰にでも聞き取れる明瞭な発音とアクセント、そして誰にでも理解できる平易な表現が殆どなのと、全体的にSlowなので、長い台詞を聞いているとだんだんと眠くなってくる。しょうがないので、適度にコーヒーを飲みつつ、ついでにPC Deskの上にMentasを用意してたり。Game中のMentosはあまり摂取すると中毒になるけれど、本物のMentasは少なくとも中毒性ではない:p

Gameそのものは今のところそれなりに快適かなというところ。終了時に反応が無くなってTask ManagerからKillしないといけなかったり、CTDしたりすることもあるんだけど、Play中のCTDにはそれほど遭遇していない。Fast Travelを連続して行ったり、Areaを出てすぐに戻るとかの場合に、CTDがおきやすい感じなので、もしかするとAuto SaveのTimingでのCTDが多いのかなという感じだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中