Fallout 3 Available via Steam Internationally

ということで、FrenchとDeutschを除いて、ほぼ全世界でAvailableになったよう。

我が家のプレイの方は、Questそのものはあまり進めていない。それでもFast Travelを駆使して結構遠くまで踏破した感じか。レベルもそれなりに上がってきたので、この週末は、ちょっともう一度新しいPCを作成してQuestを追いかけてみようかなというところ。

とりあえず平日と言うことで、適当にぶらぶらしてなんか珍しいものを拾ったら、Megatonの自宅に並べてみる…というPlayしかしていない感じだ。

Nuka-Cola TruckのMiniature Carを拾ってみたり、

Collector’s Editionに入っているとかいうLunch BoxがGame中にも存在していて、それを拾って他のMisc Itemsと一緒に机の上に並べてみたり。

Bobble-Headsは全部で20個存在しているとか、なんだけどまだ一つも入手していない。

何気なく、ぶらぶらしているだけでもそれなりに楽しいと言うか。

NPCとの会話のVariationも結構豊富。Super-Duper Martへようやく遠征して、大量の荷物を持ってCraterside Supplyに戻ったら次は放射能を浴びて・・・とかいうお願いをされたけれど、これはScience Skillがそれなりに高いと、NPCとのDialogueに[Science]ではじまる選択肢が出てきて、科学的な説明を行って人体実験の被験者になるのを回避したり。

MegatonのClinicではMedicineのSkillが高ければ、こちらに新たな選択肢が出てきたり。こういう部分に結構Variationが多いと言うのはちょっと嬉しいかも。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中