Fallout 3 first impression

Introの後はPCの出産シーンから始まって性別、名前なんかを決める。その後Tutorialとして移動などを行い、次に10歳のBarthday Party。プレゼントとしてBB Gunを貰って射撃の練習。

VATSのTutorialも兼ねた最初のTargetは…巨大なゴキブリ…

Turn Baseから、一見Real Time風のCombat Systemへという大きな変更は、これはこれでいいんじゃないかなと思う。VATSを使おうが使うまいが、命中判定は一応Skill Baseだ。全く見当違いの方向に撃てばそもそも当たらないだろうと思うけれど、照準が目標をある程度捕らえている限りは、Skill Base/Location Baseの命中判定が行われる。

Vault 101を抜け出した父親の後を追ってPCもまたVaultを抜け出して外の世界へ。Vaultから外へ出るDoorのところで、PCの外見、Skillの割り振りなどを変更できたりする。

Megatonという居留地を目指して進んでいくと変な球形のロボットが浮遊している。プロパガンダ放送を流しているんだろうか、最初に流れてきたのはThe Marines’ Hymnで、他に流れてくるのはいわゆるPatriot Songと呼ばれる類のものだったり。

基本的にGame EngineはOblivionと同じ。Fileの構成なんかを調べる限り、Gamebryo 2.0をBethesdaがOblivion用にCustomizeしたものをさらにCustomizeしたものだろう。Gamebryoは2.5が少し前にReleaseされていたはずだけど、さすがに完成間近になってMiddlewareを変更するというギャンブルは避けたようだ。まだそれほど長い時間プレイしていないので、なんとなくと言う感じだけどHavokの挙動なんかはそれなりに改良されているのかなと言うところだ。Engineの大体の挙動も一緒で、BSAを読み込んでと言う辺りも、INIファイルもほぼ同じ。

HDR+AAが可能になっていて、Optionから設定できるけれど、とりあえずAFだけかけてAAは無しでPlayしている。

UIというかPCのStatusやInventoryなどには腕にはめたPipboy 3000からアクセス。これはこれで雰囲気も良く出ているし、良い感じじゃないかなと思うけれど、Tab KeyでOpenすると前回閉じたときの画面が表示されてそこから変更しないといけない。どうして各PageにアクセスできるHotkeyを設定しなかったのかはかなり疑問が残るところ。

この辺はConsole機を最優先にしている弊害だろうなと思う。MorrowindからOblivionになったときには、Game Mechanics、Detail、そしてUIなんかは劣化してしまったわけだし、Fallout 3もことUIのAccesiblityにおいては、さらにConsoleに最適化されてOblivionと比較しても微妙に劣化している感じだ。

PC版の発売は正直遅れても良かったからMass EffectのようにPCに合わせたUIのTuningを行ってから出荷してほしかったと思う。

DialogueはVoiceつきで、中々良い感じだろう。ただし、やっぱり微妙にSlow…もう一寸テンポ良く話してほしい感じだ。Dialogueの内容もまだこれから色々発見があるとは思うけれど、MレートのGameにしては、単純で特にひねりの無い文章だ。Megatonについて、MainのStory Lineに関わるNPCと話をするとDaddy Girl扱いで、(確かに間違いは無いと思う)微妙に違和感と言うかなんか違うかなと言うものを感じる。Sandbox StyleのGameだし、この世界の中で思いっきり悪党に…と思う人が居たとしても、Dialogueの調子がこれではちょっとずっこけるかもしれない。

もっとも、Karmaが変動していけばまた違うのかもしれない。今のところ、Fallout 2が持っていたような独特の雰囲気の棘のある、あるいは毒のあると言うんだろうか、そういうDialogueではない感じだ。

とりあえず3時間ほどPlayした感じでは、それなりにBugはあるけれど、Playは可能だし、OblivionのRelease時と比べればはるかにましだろう。CTDもたまにおきるし、終了時に反応が無くなって正常に終了できなかったりと、この辺は毎度のことだからこんなもんかと言う感じだ。

全体的に、微妙な点は目に付くと言えばつくんだけど、Gameそのものは良く出来ていると思う。Falloutの50’s Pulp fiction的な雰囲気、そして綺麗なGraphicsでの荒廃したD.C.の感じ。雰囲気で言えば満足できるTitleだ。Bugは、これからもちろんPatchが出るだろう、Construction Kitが出なくても、基本的なFile Structureなどは一緒なので、まずはModel/Texture Replace系から徐々に出てくるだろう。

CTD…は別として、Gameそのものの出来はかなりの出来で十分楽しめるTitleなのは間違いない。だからこそ、微妙なところが目に付く感じだ。

$50というお値段に見合う価値は十分あると思う。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中