Drakensang Modding

Nebula EngineはGameの基礎的なDataをSQLiteのDatabase Fileとして格納している。Dialogueあるいは、Journalの文章もDatabaseに格納されているので、このDatabaseを書き換えてやれば翻訳も可能だ。ということで、既にFanによるEnglish Translationが完璧ではないけれど存在していたり。

後はNPKファイルのUnpackerなどもあるので、TextureやModelなどのModも可能だろう。ModelはGmax、3dmaxを利用して作成できるようだ。

今のところまだ製品版が手元にあるわけではないので、MODの心配をしても仕方が無いんだけど、Gamerな知人とChatをしていてDrakensang遊んでみたいけれどDeutscheだし…ということで、UnofficialなEnglish Translationは既にあるよと知らせてあげる。

知人がDemo版をDownloadしている間に、DrakensangのForumを見てEnglishにTranslateされたLocale.db4というファイルを入手。一応Originalのものと照らし合わせてみると、どうやらDemo版は最初に持っている装備がDemo版専用の装備が追加されていたりとかしていてIndexがMatchしていないようなので調整してみる。

格納形式はSQLite Database形式ということで、SQLite用のToolsをDownloadしてくればすぐ作業が出来るので比較的お手軽だ。

後は普段滅多に使うことの無いSQLのSyntaxを思い出しながらDemo版のString Tableを英語版のそれでUpdateしていくだけで不完全ではあるもののDemo版の英語化が完了。

一応自分でもLocale.db4を置き換えて起動してみると、それなりの英語訳にはなっているようだ。元のドイツ語のDBに戻した後に、英語化したLocale.dbを知人に送ったら、無事に動いたという応答があった後、Idleのまま音信普通になったので、Demo版にはまり込んでいるに違いない:p

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中