Gothic 3: Götterdämmerung

Willkommen in Silden!

JoWoodのForumでTagebuch des Namenlosen HeldenというTopicを発見。11月に発売が予定されている拡張版Gothic 3: GötterdämmerungのちょっとしたSpoilerという感じ。

Viel Rauch um Geldern

Nameless Heroの着用している装備のTextureなんかを見るとGothic 3と比較してかなり綺麗になっているよう。

Arcania: A Gothic Tale(Gothic 4からTitleを変えている)を作成中のSpellboundがGothic 3と次回作のStoryの間を埋めるために書いたStoryをもとにしてインドのDeveloperが作成中だ。当初、インドのDeveloperとOfficialに確認されたあたりで、Forumではインドの人にGothic 3の正しいFuntasyが作れるとは思えない、とか批判的な意見が相次いだ。他にはPiranhaじゃないGothicはGothicじゃないという意見もそれなりに多かったと思う。

権利そのものはJoWoodが保有して現在のEngineを使用して(技術的改良はあるだろうけれど)、そしてシナリオそのものはSpellboundが作成しているわけだから、そんなに心配する必要も無いんじゃないかと個人的には思うんだけど。

確かにAmericanなGameと比較するとそれなりに違うTasteを持っていることは確かだけど、それほど悲観的になる必要も無いだろう。もしかしたら多少オヤッと思うところはあるかもしれないけれど、それは仕方が無いんじゃないかと思う。

(Images from JoWood)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中