Gothic 3 Cont’d

久々にGothic 3をPlayしてみると中々やめられない。とりあえずCTDなんかも無く、結構安定して遊べている、最初からこのQualityで発売されていればまた違ったのかもしれない。North AmericaではMinorといっても良いタイトルだけど、EuropeではBig TitleなGameだ。発売当初のQualityがあまりにも低かったこともあって、ドイツ辺りでも発売当初に見限った人たちが多い。

Community Patch 1.6が出たのは今年の2月みたいだから、発売から1年4ヶ月してようやく落ち着いたわけだ。最初からこのQualityで発売されていれば、Mod Communityなんかも、少なくともEuropeではそれなりにもっと活発だったかもしれない。そう思うととても残念なところだ。

Game中では肉を焼けたり、あるいはPotionを調合したり、色々と細かいことが出来る。採掘したり、Bladeを研いだりとか。

Graphicsは上を見ればきりが無いという感じか。二年前のPCでは、かなり厳しかったけれど、現状のHigh endならそこそこのFPSで遊べるだろう。HD3870 CFで、全ての設定をGothic 3 Game Toolを使って最高にして、Lightingの設定をINIファイルで変更して大体40FPS前後というところ。

Cellの読み込みなんかに伴うStutteringは、時折気になる。これはDataディレクトリを高速なドライブに配置するとか、あるいはRAM Diskなんかを使えばかなり軽減できるかなというところ。G3-mod.PackageとかRe-Texture Modなんかを入れた状態でDataディレクトリのサイズはおよそ3GBというところなので、RAMDiskに収められないことも無い。けれど、それほど煩雑におきるわけでもないので、あまり気にならないというところか。

Questは総数で400とか500とかいうところらしい。Quest Logは、あまり親切とはいえないけれどそれでも必要最小限のところは抑えてある。Questを選択すると、Quest GiverとのQuestを受け取った時点での会話のLogが表示されるので、それを読めば目的その他を理解するのにはあまり困らないだろう。

ただしLocationとかを分かりやすくMapに表示するとか、Questの目的地を指し示すようなものは無いので不便に感じる人もいるかもしれない。個人的にはこれで十分だと思うけれど。

Quest自体は当然ながら、引き受ける、引き受けない、あるいはどの順番でとかそういう部分は完全に自由。Orcから街を解放するなどのアクションをとった場合既に引き受けているQuestがCancelとなり消滅する場合もある。また、街を支配しているOrc Leaderあるいは、Orc Mercenariesから引き受けるQuestは当然ながら反乱を起こして街を解放してしまった場合には受けることは出来ない。

いずれにせよ一度のPlayで全てのQuestを…というのはどうやっても無理なんじゃないかなと思う。

Quest、あるいは世界の情勢なりに全く無関心を決め込んで、薬草を採取したり、適当に探索したり、あるいは野生動物をHuntして生計を立ててぶらぶらし続けるのもまた良いかも知れない。その辺はPlayする人により色んな選択肢があるだろう。解放軍の一員として、Orcの支配を打ち砕いて回ってもいいし、Orcに取り入って抑圧する側に回る、というのももちろん可能だ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中