Re-visiting Gothic World

Stalker: Clear Sky用に、ということでC2D E8500を買ってみた。ところが、ICFX3200のBIOSを45nm CPUをSupportしてからのものに入れ替えると、OCZの2GB RAMを挿すとBootしない…。DFIのSupport Forumを見ると、同じ問題を訴えている人たちがいるようだけど、今のところ解決方法も見当たらないようなので仕方なく昔使っていた1GBのModuleを2枚…2GBで起動していたりする。

正直RAM 2GBでStalker: Clear Skyは厳しいものがあるので、Sporeをちょっと遊んでみたり、Two Worldsを遊んでみたり。Two WorldsもMain Questも終わったので、一段落着いたところで、次はStalkerと思っていただけにちょっと残念。

そんなこんなで、ちょっとがっくりしつつGothic 3のExpantionのScreensとかの記事を探して読んでいたら、2月にPatch 1.6が出ていたらしい。

Community Patch TeamとSpellbound AGとのConributionで、一応Official的なPatchになっているよう。Forumを読んでいくと、まさしくResurrectした…という感じなんだろうか。Community Patchも現在は最終バージョンとなる1.7の作成が行われていて、雰囲気的には近々Releaseという感じ。

Community Patchという形をとっているので、Oblivionで言うUnofficial Oblivion Patch的なもの、ではあるんだけど、UOPとの最大の違いはCommunity Patch TeamのMemberとJoWoodの間にNDAが交わされていて、EngineのSource Codeが提供されているところだろうか。だからUOPとは違いMODという形でReleaseされるのではなくてBinariesに対するPatchが提供されている。Piranha、というかPlute 13とJoWoodの間での紛争もあり、Spellbound AGが途中からCommunity PatchにContributeする形で1.6というOfficialなPatchのReleaseとなったのだろう。

ということで、我が家の本棚に埋もれていたGothic IIIを引っ張り出してInstall。HDDの容量はかなり余っているので、ちゃんと動くのであればこのまま入れっぱなしでもいいかなというところだ。Installして、Patch 1.12、Patch 1.6の順番にInstall。それから一旦起動して、解像度や基本のOptionsなどを設定してからGameを終了してINI Fileの編集。

当時とは、そもそも使っているPCの性能に圧倒的な差があるので、INI Fileを眺めながらPixel Shaderを3.0に、AFをx16で、他にもLightingや描画範囲の設定などをしてから起動。

起動してみてびっくり、動作はきびきびしている。発売当初、とてもじゃないけどちょっと厳しいかなと感じたStutteringにはちょっと遊んだ感じさっぱり遭遇しない。もちろん、当時とはPCのSpecも各段に上がっているわけで、そのせいも大きいとは思うけれど。

発売から2年近くたってようやくまともに遊べるのかもしれないと思うと、ちょっと得したような、あるいは損したような複雑な気分だ。Gothic 2は大分遊んで、その続編というのでワクワクして買ったのはいいけれど…最初の頃のQualityはあまりにも悲惨としか言いようが無かった。Gothic 2とTES 3とは結構比較されたけれど、Gothic 3は比較する以前の問題という悲しい状況から考えればそれでもまだ喜ぶべき…ことなのかもしれない。

MorrowindとGothic 2は私の個人的な感想では、どちらも凄いGameで、どっちも楽しいという感じだけど、OblivionとGothic 3の場合は、Gothic 3が仮にPatch 1.6でちゃんと遊べるようになっているのだとすれば、Gothic 3の方に期待したいところだ。

OblivionのQuestsは、どれをいつというFreedomはあっても、一旦Quest Chainを追い始めてみると、一連のChainそのものはとてもLinerだ。OblivionはConsole機でのReleaseのために複雑さを極力排除したのかなという感じ。世界のDynamicsさという点ではMorrowindの方がOblivionより勝っていた気がする。Gothic 3はSpecだけを見るならばそれ以上…ということになるんだろうけれど、恐らくそうした部分が大量のBugに繋がったんだろうなと思うから、1.6でもそれがSpecのとおりに変化していくかどうかは微妙なところかも。

反対にCharacter Creationという点では圧倒的にOblivionがBetterだ。Gothic SeriesはHeroのおじさん固定となるので、Game中のCharacterをAvatarに見立てて着せ替えさせたりするのに楽しみを見出すならばOblivionは素晴らしいGameだろう。もっとも、その辺はいざStory Lineを追い始めたりすれば、どうでもよくなる部分にしか過ぎないけれど。

後はDialogueなりLogの文章という点ではどっちもどっちだ。Gothic Seriesに限らずGerman GamesのEnglisch Editionは大体とんでもない翻訳だし、TES Seriesも負けず劣らず…Patchがいくつか出るまではDeutsche Editionは暗号解読を強いられるかのような状態だ。それでも、Gothic IIIの英語VO、翻訳はかなりまともなほうじゃないかなと思う。Two WorldsやStalkerのように変な癖があるわけではないので、Captionを出さずに音声だけでも十分Gameを進行させることが出来るだろう。

それぞれに短所、長所があるのは確かなので片方しかPlayしたことが無い、という場合ならもう片方を買ってみるのは良いアイデアだと思う。発売してそれなりに時間の経っているTitleなので、どちらもそれなりに安い値段で手に入れられる可能性は高いだろうし。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中