Children of the Nile: Enhanced Edition

SimCity SocietiesのMODを探しにTilted MillのWEB PageやらForumやらを眺めているとChildren of the NileのEnhanced Editionなるものが目に付いてしまう。

2004年発売だったかな、というところで、拡張キットかなんかだろうかと詳細を見てみると既存のRetail Package用にPatchが用意してあるので早速Download。

Originalに追加して、Statueやら既存の建物のVariantやら色々と増えているんだけど、大きいのはBrickyardとSimたちの行動の最適化というところだろうか。買い物に行ったきり帰ってこない、ということもしばしばあったEgyptのSimたちだけど、早速プレイしてみると確かに以前よりSmoothに動いている。

Brickyard

そして、Brickyard。Brick MakerがBrickを作って、それを建設現場まで運ぶのはBrick Layerという関係は変わらないんだけど、Originalでは、Brick Makerの家から直接運ばないと行けなかった。だから、遠隔地に軍の駐屯地を作るとか、鉱山の採掘用にOverseerやLaborを配置するのに、まずBrick MakerとBrick Layerの設置から初めるか、あるいは遠距離をBrick Layerがやってくるのを待つか…というところだったんだけど、Brickyardを設置することでBrick Makerで作成したBrickが毎日Brickyardまで自動で輸送される。

Brickyardが複数あれば、均等に振り分けられるし、必要のなくなったBrickyardは削除すれば、そこに残ったBrickは他のBrickyardにRe-Distributeされる。もっとも、他にBrickyardが無いときに削除するとそこにあったBrickはなくなってしまうのでご注意を。

同じ会社ということで、このChildren of the NileもCesar IVも、そしてSimCity Societiesも似た感じのGameではあるんだけど、Simたちが色々と動き回って何かしているという感じはChildren of the Nileが一番かもしれない。それと、新しいGameになるにつれ、Graphicsの向上は当たり前として、Gameとしてより親切になっていってどんどん簡単になっていっているような気も。Pharaoh…まで遡ると、難しすぎるような気もするけれど、あまり簡単になっていても、何度もプレイしようと思う部分が失われているような感じだ。

それでも、このDeveloperのGameは好きな方なので、Q3にReleaseが予定されているHinterlandも買っちゃうかなというところだ。いつものCity Building系のGameではなくて、Strategy RPG、RPGとRTSの合体したような感じらしい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中