X3: Reunion

DarkStar Oneをチョコチョコプレイしてみると、MainのStorylineとSide Mission以外、各Stationで請け負える自動生成のMission群のバラエティの無さが気になったり。確かに良く出来ているんだけど、プレイは結構単調でDarkStar OneのUpgradeを行うためのArtifactを探しながらStoryを追っていくという、良くも悪くもLevel制RPGに似た感じの単調な作業を間に挟まないといけない感じだ。

ということで、なんとなく宇宙を舞台にしたGameもこれはこれで好きなので、本棚からFreelancerを発掘してきてInstallしてみたり、Rogue UniverseのDemoをDownloadしてきたり。Rogue Universeはなんというか難易度が高すぎるというか、Tutorialがそもそも存在していない感じだったりしてとっつきの悪い感じ。

ということで、以前買ったものの暫く遊んでいなかったX3: Reunionを再びDownloadしてプレイを始めてみる。

これもこれで難しいというか色々することの多いGameではあるけれど、殆どAuto Pilotで移動できるのでらくだ。ただスケールは大きいというかSpace Flight Simulatorというよりは箱庭的なX3の宇宙でのEconomy Campaignを、という感じだろうか。

FreelancerはUIはシンプルで、Auto Pilotにかなりお任せできるので好きではあるけれど、Gameの感覚としては正反対。FreelancerはやはりActionよりという感じだろうか。

買ったときに遊んでいたSave Dataなんかは残っているわけも無いので、Quick Startで開始してMercuryでこつこつとEnergy Cellの行商を繰り返したりしているところ。

Graphicsが綺麗なのと、音楽も結構いい感じなのでぼけっと見ているという感じだろうか。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中