Mass Effect: Cont’d

というわけで昨夜帰宅してからMass Effectを購入。7GBを超えるサイズでDownloadにはちょうど3時間ほどかかってしまう。Install時にErrorが発生したんだけど、そのままInstallは進むので終わりまで待ってLauncherから起動すると無事に起動できた。

起動して早速PCの選択。既に設定されているDefaultのMain Chatacterを選ぶか自分でCustomizeするかを選べる。ただし、Last NameはShepardに固定である。主要なCharacterはGame中ではほぼOn Dutyとなる感じなので、そうなると会話ではCommander Shepard以外で呼ばれることはまずありえないのでこういう形にしたのだろう。

Commanderという階級から分かるとおり、どうやら宇宙海軍の士官だろうと思いつつGameを開始していくと、実際はSSV NormandyにBoardしているMarinesの指揮官だったりするので若干違和感を感じる呼称かもしれない。Gameを進めていくと、一緒に上陸する士官がLt. Alenkoだったり、地上での生き残りとして途中から合流する女性下士官がGy Sgt. Williamsだったりするので、下士官と兵の階級呼称はUS Marines、士官のそれはUS Navyのものなのだなと。

Commander ShepardのCareerからして、恐らくCommanderという階級にしては若いということになるんだろうと思う。多分30代後半というところだろう、そしてSSV Normandyの中にいる上位者としてのCaptain Andersonは40代後半から50代半ばまでという雰囲気だ。

(とか思いながらWikiaを見たら、approximately twenty-nine years old…とか書いてあるのを見てびっくり。それにしてはDefaultのJohn Shepardは老けてる感じがするし、何よりCommanderに昇進する年齢としてはかなり若い、というか若すぎるんじゃないかというくらいな感じだ。)

SSV Normandyの中をうろついてみる限り、全体的にそんな感じで、よく言えば落ち着いた感じ、悪く言うと華が無いとでも言えばいいだろうか。もっとも、いきなり少年少女が出てきて世界を救うとか言い出されるよりはよほどいい感じだ。

Game中の会話は、カメラ視点が変わりCinematic Modeとでも言えばよい感じになり、会話の途中で会話の選択肢が出てくるので、どれかを選択するとそれに対するリアクションがありという感じだ。Interfaceこそちょっと違う感じがするけれど一般的なRPGのものといっても良いのかも知れない。ただし、まだ序盤しかプレイしていないけれど、ここまでプレイした限りではほぼFull Voiceとなっており、会話も途中でとまったりせずに進行していくので、選択肢をあまり深く悩まずに選んでいけば途切れなく映画でも見ているかのような滑らかさで会話は進行していく。会話は常時通常の会話速度で進んでいくので、Captionを出していても特にPauseがかかるわけではないし、Voice Actorsの英語もClearで綺麗なのでCaptionが無くても特に困ることは無いだろう。

戦闘は、戦闘モードに切り替わったりするわけではなく、敵性MOBと遭遇するとシームレスに戦闘に入る。遮蔽物の陰に隠れながら、射撃するときは自動で身をさらして射撃してくれたりする。後はSpace Barを押すことでGameに一時Pauseがかかり、Squad Memberに遮蔽物のところまで移動するように命じたり、あるいは特定のTargetに対しての攻撃、などを命令しながら進めていく。自分が爆発物を解除するために、3人編成のSquadの二名に対して、Coverするような位置に移動させたり、あるいは妨害してくるであろう敵を無力化するために、攻撃を命令して自分はその間に爆発物に取り付く、というような行動も可能、遮蔽物の近くへの移動命令を出せば、自動的に遮蔽物を利用して戦闘を行ったりしてくれる。

また、XBOX360版では、コントローラーで指示をすぐに出すことが出来るけれど、Squad Memberの2名に対して同じ指示しか出せないのだとか。それがPC版ではSpace Barから呼び出すInterfaceで、個別に指示を出すことが出来る形に変わっている。というわけで通路の右側に一人、左側に一人、前進させて射撃を開始したあたりで自分が前進し、カバー射撃を行っている間にさらに一人ずつ前方の遮蔽物に、というような行動も出来る。

難易度的には、Normalでプレイしている限りにおいてはそれほど難易度は高くない。細かい操作をして敵を狙い確実にとか心がけなくても、自分を含めたSquad Member全員がきちんと遮蔽物を利用できる状況にして、制圧射撃を続けつつ、場合によって手榴弾を投げたりとかそんな感じで十分。

Game開始直後のTutorial的な部分からStoryは進み、昨夜は始めたのが遅かったので、Commander ShepardがSpectorという、法すらも場合によっては無視できる巡回保安官というかそんな感じのAgentに任命されるまで進めてみた。Storyはこれまでのところ良く出来ているなと思えるし、展開も速い。Main SotryだけではないSub Mission的なものも存在するので、Storyを追いかけて一通りプレイして、次はさまざまなSub Missionをという感じでも十分楽しめるのかなというところ。

BioWareの作るGameは初めて買ったけれど、引き込まれるようなStoryという点でとても良く出来たGameかなと思うので、次の作品とかもチェックしてみようかなという感じだ。新作のGameを値段が下がる前に買うというのは久々だったけれど、中々面白いと思うので買って損はしなかったかなというところ。

Performance的には、Video Optionを全て最高にして、我が家の環境(HD3870 CF/Vista 64)で40-60FPS程度となる。MiddleレンジのGPUだと、設定を下げないとちょっと厳しいかもしれないという感じだろうか。独特のざらついた感じのEffectも、好みが分かれるかもしれないけれど、これは設定で無効化できる。動作環境が気になる人は、yougamers.comでCheckできるので試してみてもいいだろう。(System Requirements、その他のTechnicalな部分についてはBioWareのForumのこのスレッドでDiscussionされているので、覗いてみるのもいいかもしれない。)

最近はSand Box的なRPGばかりしていた感じだけど、たまにこういうのもいい感じだ。Interactive Cinema的な演出が良く生かされていると同時に、独特の会話システムでそのCinematicなシーンにすら介入できてしまう、というのはこのゲームが初めてかもしれない。とにかくStoryを前面に押し出したRPGというと、膨大な手間のかかる作業をこなし、その作業のご褒美に押し付けられたMovieを延々と見せ付けられてしまう、という到底お金を払う気の起きない印象しか持っていなかったんだけど、今のところMass Effectは十分楽しいと感じさせてくれる。

$50というお値段がちょっと高いのは確かだけど、SFが好きで、引き込まれるようなStoryのRPGが好きな人は買っても損は無いんじゃないかと思う。ただし、EU版を選んでも、英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語のVoice/Textとスペイン語のText(Spanishを選んだ場合はVoiceは英語)となるので、この言語のうちのどれか一つでテレビドラマを見て理解できる程度ではないと、展開の速いStoryを楽しみつつ没入してプレイするのは難しいかなというところだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中