AMK Mod: Cont’d

先週は日中30℃を越える日もあったんだけど、今週は寒い…なんだか体調を崩しそうなほどに寒い。午後6時半ころまで仕事をして帰宅しようとするとひんやりとした空気に包まれる。

帰宅してから、シャワーを浴びたり、夕御飯の支度をしてStalkerをはじめる。昨夜入れてみたAMK ModでCar Parkへの襲撃やPerfect Suitを探したりとCordon近辺でちまちまとQuestを続けているけれど中々手強い。

敵対NPCのAIはVanillaの状態でも手強いんだけど、AMK Modを入れると、近くで倒れたBodyからShotgunなんかをすかさずLootしたりするので、これがなんとも。ただ、銃器の威力なんかが一撃必殺…という調整をされているわけではないので、Car ParkなどでBanditsと戦う分にはOblivion Lostと同じ程度の難易度…というところだろうか。SFPSほど劇的に銃撃戦のハードさが上がるということは決してない。

じゃぁなにが手強いか、というとZoneそのものが手強いのである。Vanilla、あるいはたいていのMODを入れた状態では、ガイガーカウンターは標準装備なんだけど、これがない。とはいえ探知機自体は2000RUでSidrovichから買うことが出来るので、序盤ですぐ手に入るだろう。

問題はAnomaliesで、Dynamic Anomaliesというか、Anomaliesの出現位置が完全にRandomなのと時折やってくるBlowoutのたびに位置が変化する。その強さも、Blowoutの直後はかなり強力なので、Blowoutがおさまってから、半日程度は安全な場所でおとなしくしていたほうが良いんじゃないかという感じ。しかも、視覚的にみてそれとわからないAnomaliesが最初からRandomに存在しているようで、何度Anomaliesに引っかかって死んでしまったことか…しかも運よくAnomaliesから脱出して、包帯巻いて一息いれたところで…武器を落としてしまっていることに気づいたり。あまり高い確率ではないようだけど、Anomaliesに巻き込まれて気づくとたまにそのとき構えていた武器を落とすことがあるようだ。

がんばって11000RUためて買ったMP5を、戦闘中にAnomaliesに巻き込まれて落としちゃったときは、すぐに直前のSaveをLoadしなおした…

Car Parkの裏手から、Perfect Suitを探しに行こうとしているところだけど、一見特に何の異変もないこの場所で、ボルトを投げると…

Click to enlarge!

Clickすると、Originalのサイズで画像を見ることが出来るけれど、中央右寄りに何かスパークのようなものが…Anomalyである。あからさまに見えているものもあるんだけど、それを避けながら、あるいは犬やイノシシを警戒しながら歩いていると突然体が浮き上がってぐるぐる回ってしまうことが何度もあった…

ちなみに、放射能測定器をベルトにつけていても、Anomaliesの存在する場所近辺が必ずしも放射能濃度が高いわけではないので、気づかずに巻き込まれていることが結構ある。

ちょっと進んではボルトを投げ、ボルトの位置まで移動したら次のボルトを投げとか…そんな感じで移動しないと場所によってはあっけなくGame Overとなってしまう。

Anomaliesを探知する探知機…二種類あって、一つは放射能探知機のように音で警告するもの。そしてもう一つはそれと同時にPDAと連動してMini Mapに位置を表示するものとが存在しているよう。通常の音での警告だけするTypeは、Barで売られているし、ごくまれにZombiesからLoot出来る。放射線探知機もAnomalies探知機も、Beltに装備するタイプの装備品だ。

後は、特別なQuestを通じて特殊なRecipeを入手することで、Artifact Transmutation (Fantasy RPGでいう錬金術…とでも言えば良いだろうか)という、既存のArtifactから別種のArtifactを作り出す、ということも出来るようだ。とはいえまだ肝心のRecipeを手に入れていないので、どんな風にそれを行うのかはまだちょっと不明なところ。

それと、DNS(Dynamic News System)も中々楽しい。Cordon近くでイノシシ狩をしていたら、それを目撃した別のStalkerがNews Networkに、イノシシ狩りしているStalkerをCordonで見た、とか流れてきたり。

あとは、Mutantsの活動がとっても活発化している、そろそろ、たぶん明日の朝辺りにはBlowoutが来るんじゃないか?とか、どこそこで大量のMilitaryを見た、警戒しろとか、かなりバラエティにとんだ情報が飛び込んでくる。そして、レポートについて自分の目で確かめに行くと確かにレポートされている状況を目にすることが出来る。

A-Life、これだけのポテンシャルがあったのかという感じで結構面白い。Shotgunとか、AKとかをDropすると、近くにStalkerがいるとあっという間に拾われたり、あるいはStashの中に物を入れておくと無くなっていたり…油断ならない面もあるけれど。

Stashにうかつに物を入れられない代わりに、Readmeには、予備のBackpackを買って、それを人気のない場所に隠して、GPS Beaconを設置しろとか書いてあるけれど、もともと自分で持ちきれない分の装備は持たないかさっさと売りさばいてしまうかなので、あまり不自由はしていない。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中