Vim and Vigor Advanced

この週末は、Benedict XVIのUSA初訪問のニュースを見ながらシチューを作ったり、鶏を漬け込んだのを焼いたり。なんとなくいろいろ料理したくなって結構な量を作ってしまった。

COBLが1.35になっていたので、Updateして、ついでにCOBL対応のMOD、Vim and Vigor Advancedを導入。Sagerblivを改変したLevelled Listが大体完成したので、それの確認などをかねて、New Gameをスタート。ついでにGuild Skill Requirementsも入れているのと、G_’s Loot ModのSkill Advancementを遅くするOptionなども入れているので、レベルアップ、GuildでのAdvancementに結構時間がかかるかなというところ。

Vim and Vigor Advancedは、睡眠、食事を定期的に必要とするMODでSurvival Suiteなんかと同じ系統ではあるけれど、結構アプローチが違っていて面白い。他のSleep/Hungry MODsは、必要な睡眠、食事が取れないとAttributesにペナルティという実装が多いんだけど、このMODはFatiguesが行動により消費され、それが0になるとその場で倒れこんでUnconciousになってしまう。Dungeonの中でも、どこか遠い野外でもFatiguesが0になると倒れこんでしまうので、場合によっては命にかかわるだろう。

後はWaitをすれば、その分もカウントされるし、ファーストトラベルを試してみたところ、その経過時間分の疲労もきちんとカウントされていたり。ぎりぎりまで屋外で活動して街にファーストトラベルで帰還すると、その場で倒れこんじゃう時もある。

もっとも、安全な場所であれば、しばらくすると意識を取り戻すので、それからふらふらとInnへということは可能だけれど。

ある意味AttributesへのペナルティというMODsではペナルティが気にならないほど元のAttributesが高ければ、多少無理をして活動を続けることも可能だけど、このMODの場合は一日のリズムを結構考えないといけない感じ。

通常は一日16時間程度の活動が可能で、食事を取れなかったり、あるいは走り続けたり、Jumpし続けたり、激しい戦闘をという状況では疲労の進行が早くなって、一日の活動時間が短くなることもあるのでDungeonなどに出かけるときには、事前の計画が結構大事かもしれない。

日帰りできそうもないときには、Portable Camp Setを買っていくとかしないといけないわけでSlowな冒険を楽しみたい場合には試してみる価値があるかも?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中