Using RAMDisk Cont’d

朝少しのんびりとおきて、お茶を飲んだりシャワーを浴びたり。

お昼ごはんを食べてから、PCの電源を入れてTextures BSAファイルの作成の仕上げを。

RAMDiskがかなり早いので、ここ2-3日で少しTexturesフォルダとかを整理していた。MOD毎に追加される装備なんかで、既存のものをReplaceするものじゃないものは別にBSAにしたり。それから、OTUP Terrain/Stoneworks、IDF/IFTなどの地形、建物なんかのTexture Replacerは最初にオリジナルのBSAとあわせて複数のBSAファイルにPackしなおしてみたり。そして各MeshのBSAはUSB Driveにまとめて。GameがインストールされたHDDとあわせて、HDDx2とUSB Driveの3つのDriveに各BSAを振り分けている事になる。

それからMODのインストール、TES4LODGenでのLOD作成などをしてから、Data\Textures、Data\Meshes、Data\DistantLODの3つのディレクトリをRAMDisk上に配置だ。

crystaldiskmarks.jpg

これが、各ドライブのBenchmarkをとってみたものだけど、HDDドライブのCとDはまぁこんな感じかなというところ。で、RAMDiskであるFドライブが当然だけどすさまじく早い。そして、USB DriveのGはRandom ReadはHDDより早いという結果。

SSDとか、後はDDR RAMを乗せてPCIに挿したりするようなものもあるらしいけれど、Busを介している以上RAMDiskほどの速度は出ないはずなので、Main Memoryに余裕があるならRAMDiskが一番Cost Performandeが高いんじゃないかなと思う。

XP 32 BitとかならFreewareという選択肢も出てくるので、RAM容量に余裕があればなかなか安いPerformance Improvementかもしれないと思う。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中