Catalyst 8.3: CrossFire Scaling

Catalyst 8.3でのCrossFireのScalingというか、挙動そのものがいまひとつ首を傾げたくなる状態と言うことに何気なく気づいてしまう。

3DMark06なんかは綺麗にScalingして、Second GPUもきちんと働いているようなんだけど、Oblivionをプレイするときには、Second GPUがさぼり気味。Anti-Ailiasの設定を変えるとそのサボり方も違うと言ういまひとつわけの分からない状態だ。

それと時々CrossFireXの項目がCCCから消えてしまうことがあり、?な状態。しかも8.2に戻そうと思うと、正常にインストールされないとかいう状況になってしまった。8.3だけはいつ、どんな状態からインストールしても正常に入るんだけど…後でVista 64はクリーンインストールをやり直そうと言うところ。

ということで、余っているPartitionにXP 32bitをインストールしてみる。Catalyst 8.2を入れて見る。こちらはOblivionをプレイすると綺麗にScalingしている。

xp32cf.jpg

3DMark06の結果もXPのほうが良かったり。まぁそれでもDX10対応というのがXPには無いので、Vistaも必要なところ。

気力のあるときにVistaはインストールしなおすことにしよう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中