Catalyst 8.3 mit CrossFire

Catalyst 8.3でCrossFireXということで、3GPU、4GPUとサポートされることになったけれど我が家はCrossFire、というか2GPUに初挑戦。

SapphireのHD3870がOpen Box(開封後返品されたもの)で安く売っていたのだ。$158なので、これで動けばお得というところだろうか。動かなければ返品しちゃえばいいわけだし。

ということで、OSのInstallを終えてからお茶を入れてしばらく一息入れてからHD3870のインストール。2枚のうち、片方は2Slotタイプでもう片方は1Slotタイプとちょっとちぐはぐだけど、動作には問題はないはず。

crossfire.jpg

軽い気持ちではじめてみたものの、最終的にCrossFireがCCC上で動いていることを確認するまでには3時間以上かかってしまった…。64Bit Vistaインストール後に、いったんCCC上でCrossFireがEnableになっていることを確認したんだけど、その後SP1をインストールしたらどうやってもCrossFireがEnableに出来なくなってしまったのだ…最終的にあれこれ試した後、Catalyst 8.3をUninstallしてから再度Installすると何事もなかったかのように…がっくり。

oblivion-2008-03-08-02-15-46-19.jpg

気を取り直してから、Oblivionを起動して、テスト用のデータをロード。CFAAx32/AFx16でScreenshotを撮ってみた。この状態でFPSは14程度、それほどドラスティックにPerformanceがということはないんだけど、この設定でこれだけ出るのか…というのはある意味びっくり。この位置からTalos Plaza Districtの入り口まで走ってみたんだけど、FPSはそれほど高くない(20FPS前後)。なんだけど結構Smoothに感じるのが不思議なところ。Gameの設定はUltra Highでvsync offの状態、それにBomrets Texture PackのHiResと、Improved Trees and Floraや、Face/Body Texture Replacementなんかを一通り入れてみた状態だ。

これで、問題なく動けるんだろうかということで周囲を走り回ってみたところ、今まではだいたい走っていると、ところどころでFPSが1桁まで落ち込んで躓いたような感じのかくつきがあったけれど、それがほぼなくなった感じ。

もちろん、一瞬FPSが落ち込むことはあるんだけど、すぐに元に戻ってしまうのでほとんど気にならないのだ。設定を変えて、CFAAx16/AFx16にすると、屋外でのFPSが30前後を行ったりきたりでちょうど良くGameが出来る感じで中々いいかもしれない。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中