Almost Everything VWD

QTP3 Reduced (Max)とDetailed Terrainの組み合わせで遊び始める前に、 Almost Everything VWD (Visible when distant)という、遠くからでも構造物などが見えるというMODを入れてみる。それと同時に、 Illuminated Almost Everything VWDも。

その二つを追加してから、どうせだしということで、CFAA x 24 (with Temporal AA), AF x 16 という選べる限りBestの設定で起動してみる。Driverを最新のものに更新したついでにどこまで頑張れるか…言い方を変えるとどれくらいで落ちるか見てみようかなと。

Skingrad方面にFighters Guildのお仕事もあるのでImperial Cityからてくてくと歩いていく。

oblivion-2008-02-14-00-19-14-99.jpg

天気が悪いのでかなり見えづらいけれど、中央あたりにまっすぐ立つ塔が見える…あれはImperial City!とちょっと感動。AEVWDを入れていないと見えない距離である。

Imperial Cityから、SkingradまではTime Scaleを1時間=Game内の12時間、(通常は30時間だったかな?)に変更してある状態でGame内の時間でほぼ8時間ほどかかるので、まずは行って、Questに必要な人物などに声をかけたりして、後は宿で休むことに。

oblivion-2008-02-13-23-42-15-31.jpg

翌日朝早起きして、近くの洞窟に…あまり洞窟の中とかは好きじゃないけれど、お仕事だから仕方ない…という感じだろうか。

お昼頃までには、目的を達成してSkingradに戻れたので、そのままImperial Cityの自宅に戻ることに。

街道をてくてく歩いて、どっかで落ちるかなと思っていたけれど中々どうしてちゃんと動いているかなと感動しつつ。確かにFPSはかなり下がって、街中で30FPS前後、屋外で20FPS前後まで落ちるけれど、もともと徒歩で移動しているので、あまりストレスは感じなかったり。馬で移動すると、それなりに引っかかる感じがあるかもしれないと思う。

oblivion-2008-02-14-01-05-48-44.jpg

そして、Imperial City近くから。綺麗に見えるのでAEVWDを入れて満足というところだろうか。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中